[PR]

 神奈川県三浦市の剣崎付近にはコンクリートの丸い台座の跡が残っている。旧日本軍が火砲を置いていた名残である。三浦半島は明治の頃より東京を守る軍の要衝で、要塞(ようさい)や砲台が多く築かれた。剣崎界隈(かいわい)にも頑丈な台座が設けられ、火砲が設置された。現在も平和な風景のなかにかすかな痕跡を残してい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも