[PR]

 みちのくの寺院と関係が深かった慈覚大師円仁の高弟であり、第4代天台座主になった安慧(あんえ)(794~868)は、南都法相宗が押さえていた出羽国のほぼ全域を天台宗に改宗させた傑僧として知られている。

 安慧が京都から出羽にもたらしたと伝えられるこの十一面観音像(国重要文化財)は、手先を除いて蓮肉か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも