[PR]

 現代では、父と息子で同じ職業に就く、あるいは息子が家業を継ぐ、というケースはどのくらいあるのだろうか。

 江戸時代を例にすれば、百姓の家に生まれた子、特に長男であれば、百姓を継ぐのは、ごく普通のことであったといえる。そして名主(なぬし)の家の息子であれば、同様に名主を継ぐことも多かった。

 近世後…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも