[PR]

 原発の使用済み燃料から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分地をめぐる「科学的特性マップ」が公表された。

 処分地選定までの調査の進め方について、国の資料にはこう書かれている。

 「地元自治体の意見を聴き、これを十分に尊重する(反対の場合には次の段階へ進まない)。」

 2000年にできた「最終処分法」…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも