[PR]

 モザンビークの首都マプトで開かれていたアフリカ開発会議(TICAD)の閣僚会合は25日、国際法やルールに基づく海洋安全保障の重要性を確認し、閉幕した。アフリカでも海洋進出を図る中国を念頭にしたものとみられ、その動きを牽制(けんせい)した形だ。

 共同議長を務めた河野太郎外相は、閉幕後の記者会見で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも