[PR]

 堅苦しい市議会の議場に金髪の青年やセーラー服の女子高校生が座っている。それに向き合う市長や幹部たちの表情は真剣である。

 愛知県新城(しんしろ)市で22日に集まった「議員」たちは、16歳から29歳を対象に公募した若者25人だ。

 未成年による模擬議会のような試みは決して珍しくない。だが、この市では実際に市の予算、つまり税金の使い道を決めさせる。

 その額、1千万円。「若者議会」と名付けて一昨年から始めた事業に、日本中から視察が相次ぐ。

 話は5年前にさかのぼる。英国・ニューカッスル市にある図書館の一室に、大学生だった新城市の竹下修平(26)はいた。平成が始まった翌年の1990年生まれだ。

 テーブルを囲む海外の同年代が雄弁に語るのを聞き、竹下は凍り付く。

 自分は生まれ育った町の自治について深く考えたことはない。だが欧州では、若者による議会を多くの市が設け、政策を議論しているという。英語で話すこと以上に、大きな壁があった。

 「俺たち、まずい。日本やばいって」。竹下は帰国後、すぐに仲間を募って動き始めた。

 間を置かずに、あるニュースが…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも