[PR]

 開幕が28日に迫ったテニスの全米オープンで冷ややかな議論の応酬が続いているようだ。ドーピング処分から復帰したマリア・シャラポワ選手が、予選免除の特別待遇で出場することになったからだ▼「違反者が優遇されるのはおかしい」という批判は理解できる。一方の主催者側は「歴代の優勝者の一人であり、反ドーピング活…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも