[PR]

 「見ざる・言わざる・聞かざる」で有名な日光東照宮(栃木県日光市)の彫刻「三猿」の目が今春の修理でぱっちり大きくなった。3月にお披露目されると、インターネットには批判の声も。専門家は「過去の再現として問題」と指摘する。

 三猿は明治以降、今回に加え、1900年、23年、51年、73年に塗り直された…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも