[PR]

 京都大学正門前の東一条通は、学生自身が意識することは少ないが、平安時代に創建された古社・吉田神社に続く参道でもある。正門前を東へちょっと歩けば、朱塗りの鳥居に行き当たる。

 作家の森見登美彦さん(38)は、京大農学部に入学した当初、吉田神社の先にある宗忠(むねただ)神社へよく向かった。境内の一角に腰を下ろして、買ってきたサンドイッチなどを一人で食べるためだった。

 「まだ友達もいなくて、大学のなかが非常に寒々しく感じられて。昼ご飯を生協で一人で食べるのは嫌でした」

 大学院在学中の2003年に「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも