[PR]

 関東大震災を経験した幸田文に『きもの』という自伝的小説がある。激しい揺れと家鳴りがして、ふすまが斜めに裂ける。迫真の描写が続く▼主人公の女性は祖母に言われて「仕度(したく)」をする。ガス栓を閉め、当座の米5合、梅干し、手ぬぐいを2枚の風呂敷に包み分ける。いつはぐれるか知れない、一人を単位にして備え…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも