[PR]

 40歳をすぎて画壇にデビューしたアンリ・ルソーを待っていたのは、酷評であった。「ルソー氏はラヴァル生(うま)れとのことだが、パリにやってくるより、そこに残って、キャベツでも植えていた方がよかっただろう」▼近代美術史に異彩を放つ存在になるとは、批評家たちは夢にも思わなかったか。「人物をなぐり描きで描…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも