[PR]

 カンボジアの首都プノンペンの裁判所は5日、最大野党・救国党のケム・ソカ党首が国家反逆罪で訴追されたと発表した。来年7月の総選挙を前にした野党勢力への締め付けとみられ、国際社会から懸念と批判が相次いでいる。

 フン・セン首相は6日、ケム・ソカ氏の訴追に触れ、「平和や発展を維持するために、あと2期(1…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも