[PR]

 「ワズカモ山ヲ離ルレバ、スナハチ、オツ」。わずかでも山を離れるとライチョウはすぐに死ぬ。そんな調査報告が加賀藩の文献に残る(富山県教委『立山の雷鳥』)。ライチョウの飼育のむずかしさは江戸時代から知られていたようである▼その難題にいま環境省と全国5施設が挑む。生育環境が悪化して2千羽以下に減ったと推…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも