[PR]

 2012年9月15日、滋賀県に本社を置くスーパー平和堂経営陣の脳裏に、中国からの「撤退」がよぎる事件が起こった。4日前の日本政府による尖閣諸島の国有化に抗議するデモが暴徒化。中国で展開するデパート全3店舗(当時)を破壊し、商品を奪ったのだ。営業再開は約1カ月半後。被害額は、テナントを含めると30億…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも