[PR]

 それは、赤い部屋だった。

 かつて「五条楽園」と呼ばれた京都の色街で、お茶屋として使われていた建物の2階。4畳半ほどの室内には緋毛氈(ひもうせん)(赤い敷物)が敷かれ、赤い照明が天井や壁を染めていた。床には座布団だけ。布団はない。その上で女たちは春をひさいでいた。

 官能小説で世に出た作家の花房観…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも