[PR]

 福島県の詩人、若松丈太郎さんに「神隠しされた街」の一編がある。〈四万五千の人びとが二時間のあいだに消えた/サッカーゲームが終わって競技場から立ち去ったのではない/人びとの暮らしがひとつの都市からそっくり消えたのだ〉▼チェルノブイリ原発事故の強制疎開に材を取り、1994年につづった。不幸にも福島で現…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも