[PR]

 ■カジュアル読書

 連載を始めたのは2年前。空前のブームは予想もしていなかった。骨太なミステリーで人気の作家、柚月裕子さんの新作は将棋がテーマ。『盤上の向日葵(ひまわり)』(中央公論新社・1944円)は、天才棋士の過酷で謎に満ちた人生を2人の刑事がたどる長編ミステリーだ。

 土に埋められていた遺…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも