[PR]

 北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉の焦点となっている「原産地規則」について、米商務省は22日、カナダやメキシコからの輸入品に使われている米国製部品の割合が「著しく減った」という分析を公表した。トランプ政権はより多くの米国製部品を使うよう求めており、23日からカナダで再開する交渉の材料に使うとみ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも