[PR]

 北方領土への空路による初めての特別墓参団が23日、北海道中標津(なかしべつ)町の中標津空港から国後、択捉両島へ渡航し、計4カ所で慰霊式をした。航空機は帰路、霧の影響でサハリンのユジノサハリンスク空港へ向かい、中標津空港への到着は24日に延期となった。

 一行は、択捉島出身の岩崎忠明さん(83)=札…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも