[PR]

 合区が初めて導入され、一票の格差が最大3・08倍になった昨夏の参院選が合憲かどうか、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は27日の判決で憲法判断を示す。自民党は都道府県単位の代表を念頭に、次期衆院選で合区解消を含む改憲を公約に盛り込む方針だが、法の下の平等を定めた憲法14条などとの整合性が問われる…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも