[PR]

 1人が五七五を詠んだら次の人が七七を詠み、また別の人が五七五……と、長句と短句を連ねる「連句」。現在の俳句の母体であり、かつては連句が主流だった。他人と共に創作する「座の文芸」のだいご味が、今また注目されている。

 筆と硯(すずり)を置いた卓を囲み、にぎやかな話し声が続く。歌人の岡野弘彦さん(9…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも