[PR]

 第2日が大阪・ヤンマースタジアム長居などであり、男子円盤投げで、堤雄司(群馬綜合ガードシステム)が、自身の持つ日本記録を20センチ更新する60メートル74で4連覇を達成した。男子1万メートル競歩は、同種目の日本記録保持者で、今夏のロンドン世界選手権の20キロ競歩代表だった高橋英輝(富士通)が38分…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも