[PR]

 「月曜日は嫌い」「月曜日は嫌い」――。1970年代末のヒット曲「哀愁のマンデイ」のサビの部分である。ある月曜の朝、米国で乱射事件を起こした16歳少女の言葉を繰り返す。当時16歳の高校生だった筆者の耳にも歌詞が貼りついた▼いくつになっても学校や勤めのある限り、月曜は気分が重い。ブルーマンデーである…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも