[PR]

 江戸後期、天保の飢饉(ききん)に苦しむ民衆とともに蜂起した大塩平八郎は書画に銘を残した。〈山中(さんちゅう)の賊を破るは易(やす)く心中(しんちゅう)の賊を破るは難(かた)し〉。山賊に勝つのはたやすいが、自分の邪念を克服するのはむずかしい。明代の思想家王陽明の教えである▼「この言葉を私自身の戒めに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも