[PR]

 街灯やネオンなど、夜の街にあふれる人工の光。これらが生態系や天体観測、エネルギー消費などに与える悪影響を「光害(ひかりがい)」ととらえ、光の使い方を見直す考え方が広がっている。

 今月14日、光害について啓発する国際ダークスカイ協会(IDA、本部・米国)の越智信彰・東京支部代表と、都内のビルの屋上…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも