[PR]

 ■食と酒のジャーナリスト・山同敦子さんに聞く

 日本酒の世界は伝統的に経営は蔵元、酒造りは杜氏(とうじ)と蔵人という分業制だ。杜氏は一般企業でいえば工場長にあたり、社長である蔵元と相談しながら、現場の最高責任者としてスタッフ(蔵人)をまとめ、酒造りに携わった。

 しかし売り上げが減少し杜氏を雇え…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも