[PR]

 天皇を祝賀の場に迎える際、民衆が一斉に発する祝いの言葉には何がふさわしいか。明治の中期、そんな議論が起きた。帝国大学の教授らが知恵を寄せた▼まず浮上したのは英国人教官が体育祭で学生に教えた「フレー」。いまでも応援で使う言葉だ。「やはり日本語を」と異論が出て退けられる。提案されたのは「奉賀」三唱であ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも