[PR]

 彼岸花の燃え立つ秋である。作家新美南吉(にいみなんきち)の故郷、愛知県半田市では矢勝(やかち)川の両岸を300万本が紅に染め上げる。代表作『ごんぎつね』で南吉が「赤い布(きれ)のよう」と書いた風景を再現しようと住民らが植えてきた▼小学校の教室で「ごん」を読んだ日の衝撃は忘れられない。火縄銃で撃った…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも