[PR]

 心ある経営者ならば、倒産のふちで真っ先に思い浮かぶのは従業員の今後だろう。それぞれに家族があり、暮らしがある。失業の憂き目にはあわせたくない。民進党代表の前原誠司氏の心象風景も、そんな感じだったか▼残念だが、この会社に未来はない。おれが話をするから、上り調子の新興企業のあの社長に、みんな拾ってもら…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも