[PR]

 新党「希望の党」による公認調整が大詰めを迎えるなか、代表の小池百合子・東京都知事の「排除の論理」に反発する動きが民進党内で拡大している。リベラル系の前衆院議員らは新党の結党を準備。一方、小池氏側近からは政権との対決色をあいまいにしかねない発言が飛び出した。▼1面参照

 ■希望主導で排除「だまされ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも