[PR]

 名編として知られる島本理生(りお)の小説が、緩やかな緊張感が持続する2時間20分のドラマへと丁寧に変換された。これは恋愛映画の王道だ。男女の醜さや愚かさ、修羅場や腐れ縁の痛みすら、ある種甘美な人生の醍醐味(だいごみ)として観客に受容させるもの。劇中で引用される成瀬巳喜男監督の「浮雲」がそうであるよ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも