[PR]

 ■中村屋羊羹(ようかん)店@江の島

 江戸時代の人々も楽しんだ観光名所、江の島。展望灯台から岩屋洞窟に向かう途中の名勝地「山二つ」に、その店はある。

 1902(明治35)年、島で代々続く駄菓子屋を営んでいた中村助次郎が、岩場ののりを見て土産物にと思いついたのが、名物の「元祖海苔(のり)羊羹」だ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも