[PR]

 広島・長崎への原爆投下から72年。その惨禍を繰り返すまいと、活動を続けてきた国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」が2017年のノーベル平和賞を受賞することになった。今年は国連で核兵器禁止条約が採択されたが、核廃絶への道は半ば。その一方で被爆者の高齢化は進み、残された時間は減ってゆく…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら