[PR]

 共に4月開始で、筆者の心を鷲掴(わしづか)みにしたNHK朝ドラ「ひよっこ」と朝日系「やすらぎの郷」が終わった。主要登場人物はいずれも戦後の混乱期を生き抜いた人たち。古(いにしえ)を偲(しの)ぶシーンで「ゴンドラの唄」を使うなどシンクロする場面も多く、相乗効果で時代の空気と彼らの人生が心に響いた。と…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも