[PR]

 立憲民主党(枝野幸男代表)は7日、衆院選公約を発表した。同党が憲法違反だと位置づける安全保障関連法を前提とした9条改憲に反対し、原発ゼロ基本法策定を掲げるなど、「リベラル色」の強い政策を掲げた。中心メンバーの出身母体である民進党の路線を多く引き継ぎ、自民党や希望の党と一線を画す内容だ。

 これまで…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも