[PR]

 ■建築家・安藤忠雄

 中学2年のときに、長屋の自宅を2階建てに増築することになったんです。当時の大工は、昼飯をぱぱっと食べながら、あるいは食べずに、一心不乱に働いている。

 たまたまその姿を間近に見て、これは面白い仕事に違いないと思いました。

 高校出たときには建築の道がいいと思っていましたが…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも