[PR]

 運動部活動中の事故を巡り、福岡高裁で2日、画期的な判決があった。

 2009年、大分県立竹田高剣道部の工藤剣太さんが熱射病で死亡した事故で、県が負担した賠償金を当時の顧問らに請求するよう、両親が県に求めた訴訟の控訴審だ。裁判長は、元顧問に100万円を負担させるよう県に命じた一審判決を支持し、県の控…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも