[PR]

 4月、ウィーン国立歌劇場にデビューしたカウンターテナーの藤木大地が、歌曲でも活動を広げている。CDやリサイタルでは武満徹作品や、山田耕筰など大正~昭和の日本語の歌を積極的にとりあげる。「母国語は聴く人の心に瞬時に入っていく。伝えることを大切にしたい」と話す。

 オペラでは、11月にバッハ・コレギウ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも