[PR]

 劇場や屋外などを舞台にした「現代サーカス」(仏語でシルク・コンタンポラン)の公演がじわりと増えている。猛獣や大がかりなテントは使わず、赤鼻の道化師や派手な衣装が出るとも限らない。日本の一般的なイメージのサーカス像と異なる、現代サーカスとはどんな内容なのか。

 ■演劇・ダンス加え、ストーリー表現

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも