[PR]

 衆院選で自民、公明両党は、参院で否決された法案を再可決できる3分の2の議席を維持した。政府・与党は「採決強行」を連発する国会運営を続け、「森友・加計(かけ)」問題の説明には消極的になる可能性が高い。野党は立憲民主党が「対決」、希望の党は「是々非々」路線を採る方針で、一枚岩とはならなさそうだ。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも