[PR]

 国政選挙で連勝街道を走ってきた安倍晋三首相は、今回も大勝した。しかし、内心苦い思いが残ったのではないか。首相は「まだ私や自民党に厳しい視線が注がれている」と認めた。「安倍1強」の変化を求める民意の兆しを感じたに違いない。

 首相自らが招いた逆風下で、安倍政治そのものが問われた選挙だった。「不意打ち…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも