[PR]

 北京で開かれた中国共産党大会は、議場の正面に労働者と農民を意味するハンマーと鎌の巨大なマークを掲げていた。社会主義政党の変わらぬ象徴である。

 社会主義をめぐる共産党の行動は逆説めいたところがある。毛沢東が社会主義化を強行して私企業が姿を消した後も「資本主義の道に進む者」と政敵を攻撃し、階級対立が…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも