[PR]

 バルセロナ中心部のカタルーニャ広場には、スペインからの独立を求める市民が集まる。そこに面したホテルに80年前、30代半ばの英国人記者が投宿していた。後に小説「一九八四年」で全体主義の恐怖を描いた作家ジョージ・オーウェルである。

 スペイン内戦を取材に来た彼は、フランコ将軍を中心とした反乱軍に対抗し…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも