[PR]

 奇をてらわず、音楽を自然な姿で聴衆の前に差し出す。そんなピアニストのデジュー・ラーンキが今月、五線譜上に♭がふたつの変ロ長調をテーマにした、ちょっと変わった演奏会を日本で開く。そのココロは。

 「本当に弾きたい曲を挙げていったら変ロ長調で、組み合わせたい曲も変ロ長調だった」と語る。「特別な音色感と…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも