[PR]

 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体がみつかった事件を受け、ツイッター社は「自殺や自傷行為の助長や扇動を禁じます」とのルールを追加した。公式ツイートで3日に公表した。こうした投稿が見つかった場合は、削除を要請する方針という。

 同社によると、自殺や自傷行為の書き込みについて、これまでは報告があった場合の同社の対応のみを記していたが、「何を違反とするかを明確にした」という。

 同社はまた、自殺や自傷行為の危険を見つけた際に、ユーザー名やツイートのリンクなどを入力して同社に知らせるフォーム(https://support.twitter.com/forms/suicide別ウインドウで開きます)も設けている。

こんなニュースも