[PR]

 江戸時代には役人の目を盗んで開墾し、年貢を納めない田地が増えたという。「隠し田」とも「忍び田」とも呼ばれた。地域によっては、そんな田の米を年に一度腹いっぱい食べる風習があり、石川県輪島市では伝統行事として今でも続いている▼隠れて耕作したのは重税にあえぐ農民たちの知恵だろう。一方、こちらは市井の暮ら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも