[PR]

 伊集院静さんの新刊『琥珀(こはく)の夢 小説 鳥井信治郎』(上・下、集英社)は、サントリー創業者の人生を描いている。「やってみなはれ」の精神で人を伸ばし、初の本格国産ウイスキー製造という難路を突き進んだ。町の小売店から始まった会社は国際的企業になっている。明治、大正、昭和を駆け抜けた姿は、近代以降…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも