[PR]

 チェーホフの名作を基に串田和美の新たな視点を加えて生まれ変わった舞台「24番地の桜の園」で、高橋克典が新興商人の役で出演する。思い描くイメージを崩されながらも、生みの苦しみを味わっている。串田は演出、脚色、美術。9日夜、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで開幕する。

 20世紀初頭の…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも