[PR]

 戦後の在日コリアンの生き方を描き続けてきた劇作家の鄭義信(チョンウィシン)が、「すべての四月のために」で戦時中に光を当てた。日本の植民地下の朝鮮半島にある理髪店の物語で、森田剛が主演する。

 1944年春、戦況が悪化する中、呉本萬石(まんそく)(森田)は、理髪店一家の4姉妹の長女冬子(西田尚美)へ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも