[PR]

 イギリスの演出家、フィリップ・ブリーンとの楽しい日々が、再び始まった。来月8日から幕が開く舞台「欲望という名の電車」の稽古がスタートしたのだ。2年半前、同じテネシー・ウィリアムズの作品「地獄のオルフェウス」で彼との素晴らしい出会いがあり、ぜひもう一度という願いが実現したのだった。

 蜷川幸雄さんの…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら